読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unknown Unknown

エンタメ系ゆるふわブログ。インターネットの隅っこに座ってます。

【ネタバレ注意】『がっこうぐらし!』第3話「あのとき」

 

どーも、アカヒナです。

 

※ネタバレ全開なので、未見の方はご注意下さい。(第1話、第2話も)

昨日、第3話を観たばかりで、第1話、第2話も改めてチェックしていて、割とヘビーな感じだったので、多少のセリフの違い、ストーリーの前後の間違いがあるかもしれません(数回チェック済み)が、ご了承ください。




















「深夜アニメは第3話まで観ないと切るかどうかが分からない」というのが通例になってるかなと思います。

このアニメ、それを見計らったかのように、第3話に色々ぶっ込んで来ました。いやいや、冒頭から鳥肌モノでした。

 

※当ブログ、あらすじの中で、「フィルム焼け」という言葉を使用しております。それがどういうものなのか。動画を貼っておきます。

www.youtube.com

 

第3話「あのとき」 あらすじ(長文です)

 

アバン

いきなり、画面にフィルム焼けが入る(1回目)。血だらけで滅茶苦茶になった職員室で、めぐねぇが「これはたぶん遺書だ」といいつつ、手記らしきモノを書いてるシーンから始まります。

その手記の中で、「国語教師だった」(過去形)を「国語教師だ」(現在形)に書き換えてます。

(ここまでのくだり、画面がレターボックスになっております、しかも雨が降ってる、これまで雨が降ってるシーンは一度も有りませんでした。これはめぐねぇの改変された夢を表しているかと推測します。第2話、くるみちゃんの夢もそうだった→先輩と一緒に立ちながら佇んでます。後に分かりますが、実際は柵にもたれかかって座ってます)

OP

Aパート

「あのとき」のタイトル表示後、めぐねぇが目覚まし時計(午前6時)で起きます。目覚まし時計のとなりには熊のぬいぐるみ(ここが重要)

お母さんから教師のお仕事を上手くやれてるかを心配するメールを確認しつつ、身支度し、食パン食べながら、またメール着信がある。(無視1回目)。時計を確認すると「やばーい、ちk」で画面にフィルム焼け(2回目)。

めぐねぇが車を運転するシーンに切り替わります。(ちなみに、この車はEDでボッコボコに破壊されております)

出勤途中に見える駅の名前が「巡ヶ丘駅」、一体、何が巡ってるんですかねぇ?

車中でまたメール着信(無視2回目)。信号機が赤、左と上の通行可能の矢印。
ここで一瞬割れてる窓が見える。パトカー、救急車とすれ違う。「今朝はサイレン多いわね」と一言。ここで画面にフィルム焼け(3回目)

めぐねぇ、職員室で、教頭に仕事のやり方について注意されるシーンに移行。神山先生(第1話の英語教師)と、花瓶が映る。テレビで巡ヶ丘市で交通事故多発のニュース。ここで画面にフィルム焼け(4回目)

3-Aの教室にて、テスト結果の配布、ゆきちゃん補習決定。画面にフィルム焼け(5回目)

教室で、めぐねぇとゆきちゃん補習中。ゆきちゃん「補習は、いやだけどめぐねぇと一緒にいるのは嫌いじゃない」→めぐねぇ「一緒に頑張りましょう」、画面にフィルム焼け(6回目)

くるみちゃんが教室に入ろうとするが、引き返す。それに気が付き、めぐねぇが追いかける。くるみちゃんの恋愛相談。その後、補習が終わる。

ここでお母さんからの3通のメールが表示される「連絡ください(14:15)、避難して(15:30)、緊急(16:21)」、「緊急」に貼り付けてあるURLをクリックすると、巡ヶ丘市でヤバい事件が起こっていることを知る。Aパート終了。アイチャッチは部分的に割れた花瓶。

 

Bパート

いきなり画面にフィルム焼け(7回目)→投稿動画(POV的な撮影法『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』、『クローバーフィールド/HAKAISHA』など)で、ショッピングモールで事件発生を知る。

ここでのショッピングモールは伏線です(第2話で、りーさんが、みーくんに、「あのモールで一人で頑張ってたもんね」という発言→みーくん「そんな・・、私一人じゃ・・。」) ロメローー!!

 

ゆきちゃんが覗こうとするが、「いけません、ひとのスマホを横から・・。」と注意。補習が終わり、ゆきちゃんが帰ろうとする。ここでめぐねぇが、「電車止まってるみたいだから、すこし待ってみたら・・。」→ゆきちゃん「えー、お腹減ったぁ。そうだ、屋上のプチトマトうんぬん・・。」→めぐねぇ「でも、食べちゃダメよ。立ち入り禁止だし。」→ゆきちゃん「あっ、それなら園芸部の見学でいい?」→画面にフィルム焼け(8回目)→屋上で園芸部のりーさんと出会う(ゆきちゃんと初対面)

 

めぐねぇが状況におかしいことに気づき、実家に電話するが繋がらず、すぐに神山先生から着信。かなり切迫した声、職員室に居るらしい。「屋上?なら鍵を閉めて、絶対誰も入れないで!」と警告。電話口からガラス(花瓶)が割れる音。電話が切れる。

屋上のドアを叩く音。ゆきちゃんがカギを開けようとするが、めぐねぇが一度、制止させる。ここのシーンで建物の陰にはめぐねぇ、太陽の光が当たるところには、ゆきちゃん、りーさんが居る。(まるで、建物の陰が境界線のように)

その後、ドアの奥からくるみちゃんの声がする。ドアを開ける。第2話同様、左腕あたりから出血している先輩(くるみちゃんが思いを寄せている人)を担ぎながら、くるみちゃんが屋上に、第2話とは異なり、くるみちゃん、先輩が座りながら、柵にもたれかかっている。くるみちゃん「下はダメだ!」→めぐねぇ、ゆきちゃん、惨状に気が付く。

ゆきちゃん「わかんない・・、どうしてこんなこと・・。」→ドアを叩く音、ドアの窓ガラスが破壊される→園芸部のロッカー、洗濯機で侵入を抑える。

 

先輩がゾンビ化し、床に置いてあったシャベルで撲殺(第2話とは多少違う)。殴るシーン、シャベルを突き刺す瞬間は画面暗転(演出、規制回避でしょう。きっと。これまでのエピソードもそうだった)、何回も突き刺そうとするところをゆきちゃんが泣きながら、制止させる。ここでくるみちゃんが泣きながら、「つーか、誰だよ、お前」と発言。ゆきちゃんとくるみちゃんが初対面だと分かる。


ここで画面にフィルム焼け(9回目、今までと異なり、映画の終わりのような演出)

再び、血だらけで滅茶苦茶の職員室で一人、めぐねぇが、「生きている限りみんなを守りたい。私は教師なのだから」という発言。外は雨が降っている。(ここのシーンもレターボックス、おそらく、めぐねぇの改変された夢のシーン)

 

ここまでで、気が付いた方もいらっしゃると思いますが、とても重要なことがあります。

この一連の回想シーンで、みーくんと太郎丸は一度も出てきません。。どこに行ったんだ・・・?

(第1話、第2話で、太郎丸がみーくんに対して、無関心(嫌われてる?)なのも、ここらへんが関係していると推測しています。) 

 

ここから、申し訳程度の日常シーン。太郎丸とみーくん、このエピソードで初めての登場。カンパンを食べつつ、会話。部室内には、あの4人+めぐねぇ、太郎丸。ここで、シャワーでお湯が出てないことショック受けたゆきちゃんが一言「雨、降らないかなぁ・・、そしたらシャワーに。。」

「雨」という言葉に、めぐねぇの概念そのものを感じるのは自分だけでしょうか?

 

ここで突然、ゆきちゃんがキャンプ的なことがやりたい(ここで、めぐねぇのコップに注目。名前が入ってない。。)と言い出し、部室の中でテント張ろうという話に。りーさん「テントなら4人入れるわね」→くるみちゃん「おおそれなら、人数ぴったりじゃん!」→めぐねぇ「・・・」→ゆきちゃん「だ、大丈夫だよ。詰めれば、めぐねぇも入れるから」→くるみちゃん、りーさん「!? ご、ごめんなさい。。」→みーくん「・・・・?」

 

その後、ゆきちゃん「めぐねぇ、いつもお疲れ様。」→くるみちゃん、りーさん「お疲れ様です。」→ワンテンポ遅れて、みーくん「お疲れ・・様です。」 これはみーくんが、めぐねぇの存在そのものを知らないゆえの反応かと。仕方ないよねー、回想シーンで出てきてないもん。この後のカップの向きにも注目。

 

そして、4人がテントで寝ることに。ゆきちゃん、ここで冒頭のめぐねぇの家にあった熊のぬいぐるみを抱えています。。(実は第1話の冒頭でもゆきちゃん、熊のぬいぐるみ抱えてます。あと、ハウスオブ太郎丸。某セガガンシューティングゲームを思い出しますね。。)

 

それで、テント内で、恋バナとかの話をしつつ、くるみちゃん「前に失恋したとき・・、ゆきが慰めてくれたんだ。。」→りーさん、なぜか首を横に振る。この時のりーさんの顔が切ない。。

 

ここで、めぐねぇが、テントに近づいてきたので、寝た振り。めぐねぇが部室を出た後、4人は談笑を再開。めぐねぇが死体安置場らしきところで手記を書いている描写。(これが公式サイトの「B1 ???」なのかもしれませんね。)

ここでまた映画が終わったかのような演出で、画面フィルム焼け(10回目)、そしてED。

 

いやいや、クオリティ高いですねぇ。情報量が多くて、ブログ書くの大変やで。。

このアニメ。今期の覇権ですよ。覇権。

 

段々と時系列が分かりにくくなってきましたね。

 

僕の印象だと、現時点で第3話(回想シーン)→第2話(黒板まで)→第1話→第2話(肝試ししよう)→第3話(日常シーン)かなと。

なぜ、そう思ったかというと、第2話Aパートで、ゆきちゃんとめぐねぇが、マンツーマンで漢字テスト(全部、雨関係)を黒板で行ったシーンがあります。第1話で、「おい、今日の日直、誰だよ?」のくだりで黒板を見ると、その時の漢字が第1話Aパートの黒板にうっすら残ってます。。ぎゃーー。

ただ、この順番だと、太郎丸の首輪とリードを付けたタイミングとちょっとズレがあるかなと感じています。(いや、というか、そもそも太郎丸が存在しているかどうかのほうが重要ですが。。)

あと、第1話でゆきちゃんがノートにイラストを描いてますが、これはめぐねぇのコップに描いてあるイラストと同じです。コップにはめぐねぇの名前は書いてないです。(4人はしっかり名前書いてあります。)

その後、英語の授業で、例のあの英文が出てきます。(この時点で神山先生も他のみんなも死んでますけどね。。)

 

校訓

1.夜にては恐れに向き合い

2.暁にては希望を捨てず

も、後々効いてくるかもしれませんね。

 

考察すればするほど、正直、「うっ、頭が・・・。」状態です。今週はここらへんで。

 

最後に、ここまでの個人的な疑問点を。

疑問点

・CDプレーヤーの存在、寝室にある食べかけのポテチが放置されてる

・公式サイトの「B1 ???」とは?

・部室の窓際にある植木鉢

・現状、第1話から第4話まで、タイトルがすべて4文字(「はじまり」、「おもいで」、「あのとき」、「えんそく」)、これは4人のことを表しているのか。それとも「4=死」を表しているのか。

・第3話回想シーンで出てきた園芸部のロッカーが、第1話、第2話では消えている。ドアの窓ガラスも直っている。

・第2話で肝試ししてる際に、ゾンビの生態について、みーくん「やっぱり、夜になるとあんまり見かけませんね」、りーさん「そうね。今ごろ、みんな家に帰ってるのかもね」。や、やっぱりってどういうことだ?あと、その設定は、「ゾンビには帰巣本能がある」と考えたジョージ・A・ロメロ監督にインスパイアされたのかな。

 

よーし、いい感じにSAN値が削られたから、『干物妹!うまるちゃん』の海老名ちゃんでも観て、癒されてこようっと。

 

んじゃ、またねー。バサバサッ。