読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unknown Unknown

エンタメ系ゆるふわブログ。インターネットの隅っこに座ってます。

2016年映画ベスト10

どーもです。お久しぶり。

あっという間に2017年ですな。

ということで、2016年映画ベスト10でもやっちゃおうかなという気持ち。

こんな感じ。

 

2016年は洋画中心なのはいつものことながら、ランキング外ですが、『君の名は。』『ちはやふる』『アイアムアヒーロー』『何者』など邦画が良作揃いの年でした。ついに邦画界も変わり始めたのかな。とにかく良いことだなと。

 

まぁ、10位から思ったことをつらつらと。

 

10位『スティーブ・ジョブズ

 

f:id:runner17:20170110213105j:plain

ではなく

 

 

f:id:runner17:20170110213137j:plain

のほうです。悪しからず。

ここ数年で、2本も映画化された現代社会のアイコン的存在のスティーブ・ジョブズ

前者は、自伝的なところに重きを置いた内容で、後者は自伝というよりも重要な3つの製品発表会の直前の様子を描いた作品です。

有名人のなかの有名人なので、生い立ちは様々なメディアで出尽くしてる感があり、僕は前者よりも後者のほうが、余計なものをぶった切った分、むしろ印象に残りました。

ジョブズと利害関係者との熱い言い争いが見物です。引き込まれました。

 

9位『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

f:id:runner17:20170110214422j:plain

 

実は『ハリー・ポッター』シリーズには思い入れとかないんですが、どう考えても話題になる映画だろうと思って観ました。

思いのほか、大人っぽい『ハリー・ポッター』って感じで、非常に良かったです。

個人的にはこちらの世界観のほうが好きです。

あと、単なる脇役のおっさんかと思っていた○○が、愛されキャラの絶大なる存在感を誇っていて、観終わったら、おっさんの虜になること請け合い。

 

8位『ハドソン川の奇跡

 

f:id:runner17:20170110222253j:plain

 

 2009年1月15日、USエアウェイズ1549便不時着水事故を基にした映画。サレンバーガー機長に焦点を当てた作品。155人の命を救った英雄でありながら、国家運輸安全委員会からの指摘を受け、自分の判断は正しかったのかと不安に苛まれながらも、過去の記憶を振り返りつつ、納得の行く答えにたどり着いていく。

この映画は、この苦悩を抱えながらも、自分の中で納得できる解に、にじり寄っていく過程がすばらしい。非常に勇気づけられるし、人間らしさがとても伝わってくる。クリント・イーストウッド監督は人間描写がホントに上手い。

 

7位『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』

 

f:id:runner17:20170118211222j:plain

 

1940年代、共産党員だったために、ハリウッドを追放された脚本家が、もう一度復帰するべく、政府とハリウッドに立ち向かっていく様を描いた作品。

どんな状況であろうが、自分の主義、主張を貫き、あきらめない姿勢に心を打たれる。

 

 6位『イット・フォローズ

f:id:runner17:20170118212619j:plain

 

ある日から、「それ」が追いかけてくる。

ホラー映画にありがちな突然出てくる幽霊、モンスターは存在せず、ただ背後から「それ」がひたひたと近づいてくるだけ。

ただ、それだけなのに、ものすごく怖い。というか、それゆえに、ものすごく怖い。映画に出てくる若者たちも非常に良い演技をしている。

めちゃめちゃ印象に残ったのは、ラスト。幽霊・モンスターを撃退するというホラーあるあるではない。このラストは、絶望と希望、意志が一つの画面に混在している。ホントに素晴らしい。

 

5位『オデッセイ

f:id:runner17:20150826153236j:plain

火星に独り、取り残された男の物語。

どんな絶望な状況でも、知識とお気楽さがあれば乗り切れるということを教えてくれる映画。たいていこういう類の映画は、シリアスゆえに感動させるためのゴリ押し演出、人知を超えた奇跡、家族愛などを強調しがちだが、この映画は違った。

大事なのは、奇跡にすがることはなく、正しい知識とやるべきことを実行する行動力であり、それこそが状況を好転させる。学びが大きい作品だった。万人におすすめできる作品。

 

4位『ドント・ブリーズ

f:id:runner17:20170118215146j:plain

お金欲しさに、入った家の住人が盲目だがめちゃめちゃ強いおじいちゃんだったら。。

僕が(アメリカ公開前に)この映画の予告編を観たとき、「これは絶対に当たる!」と確信し、案の定、大ヒットした(ドヤァ)。

なんといっても、アイデア勝ちな映画。しかも、しっかりとした伏線が張られており、「なるほど、なるほど」とおじいちゃんに恐れおののきながらも唸りながら観ていた。

おじいちゃんの裏の顔が明かされたときは驚いた。ラストもなかなか。年末に伏兵登場。観て。

 

3位『シビル・ウォー

f:id:runner17:20170118220416j:plain

アイアンマンとキャプテンアメリカが、意見の対立により、戦いを強いられる。

これまでのMCUで積み重ねてきたものを壊してしまいかねないリスクを負いながらも、果敢に攻め、現代社会を反映し、ファンサービスも忘れない第一級のエンタメ大作。

仲間同士が、次第にぶつかり合う。引き裂かれていく。この過程を描くのが上手すぎる。

さすが、ルッソ兄弟。さすが、映画界の優等生であるディズニー映画だと思った。

 

2位『ズートピア

f:id:runner17:20170118221430j:plain

夢にまでみた、街にやってきた。でも、そこは。。

子供向けかと思いきや、実は大人向けだった。

もちろん、子供が観ても十分楽しめるように設計されているし、大人が観たら、これは差別や偏見が厳然と存在する現代社会、特にアメリカを象徴した映画であると感じると思う。しかも、それを説教くさくなく、伝えているところがすごい。

またまた、ディズニー映画の底力を見た。

 

1位『シン・ゴジラ

f:id:runner17:20170118222648j:plain

君の名は。』に並んで、2016年の邦画の勢いを象徴した作品。

ここに現代日本の縮図があり、日本の素晴らしさがここにある。

 

 

まぁ、なんとか書いてみた。上位に行くにつれて文量が減っているのは「文字ではこの映画の良さは伝わらない。とりあえず観ろ。」っていう意思表示であって、決して、書くのが面倒くさくなったという訳ではない。違うんやで。ホントだよ。

 

2017年も、まだ観ぬ傑作を楽しみに、今日も生きていこうと思う。

ありがとう。映画。これからもよろしく。

 

ではでは。

 

2016年上半期映画ベスト10

どーも、アカヒナです。

今年も半分過ぎましたので、2016年上半期映画トップ10を発表したいと思います。

 

 

10位『ちはやふる 上の句

ハイスピードカメラを使った「動」の表現が秀逸。

競技かるたはスポーツ。

 

9位『エクスマキナ

第88回アカデミー賞視覚効果賞受賞作品だけあって、VFXがすごい。

これが一つの未来のあり方なのかなという感じしました。

 

8位『マジカル・ガール

魔法少女のコスチュームを中心に巻き起こる群像劇。スペイン映画。これはハリウッドには出来ない。

 

7位『ボーダーライン

なにかと洋画の邦題というのは、頓珍漢なものが多い中、これは映画の本質を突いたいい邦題。このタイトルには、国の境目と善悪の境目という意味が含まれていると感じました。演者の緊張感溢れる演技が見物。

 

6位『シチズンフォー スノーデンの暴露

映画のような本当のはなし。スノーデンに密着したドキュメンタリー。

現実でこんなことが起こっているのかと思うと恐ろしい。

 

5位『スティーブ・ジョブズ

3つの主要な製品発表会の数十分前をそれぞれ描いた映画。自伝的映画ではない。

言葉のやり取りがスポーツのように躍動感があり面白かった。

 

4位『it follows

これまでなかった新感覚ホラー。ありがちな幽霊ではなく、じわじわと迫ってくる「何か」が妙にリアル。志村、うしろ!うしろ!

 

3位『オデッセイ

絶望的な状況になってもユーモアを忘れず、冷静にその時やれることを淡々とやっていくことの重要性を教えてくれる。この手の映画にありがちな愛とか絆とか情緒的なお話ではなく、もっと科学的なお話です。前向き。

www.youtube.com

 

2位『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

意見の対立。正義とは何なのか。「外」からの脅威だけではなく、「内」からの脅威にも苦悩する今のアメリカを象徴する映画。

www.youtube.com

 

1位『ズートピア

ディズニーにありがちな「諦めてなければ夢が叶う」物語ではなく、叶えた先にも続きがあり、そこで自分が知らず知らずのうちに人を傷つけてしまうこともあることを教えてくれる。これもある意味今のアメリカを象徴する映画。新しいディズニーを感じた。

www.youtube.com

といった感じです。

 

今年は、映画業界的にディズニーイヤーになりそうな予感がしております。

下半期僕が死ぬほど期待している作品は『ジェイソン・ボーン』です。孤高に戦うマット・デイモン×ポール・グリーングラス監督に期待しかない。ガチ期待です。

 

 

www.youtube.com

 

 ではでは。

 

丸を転がす

どーも、アカヒナです。

Unityでさらっとゲームつくったよ - アカトリヒナドリ

上の記事で作ったゲームを(やっつけで)Google Playにてリリースしました。

なんか全然操作が出来ないんですが、とりあえず出します。

 

日本よ、これがクソゲーだ。

 

play.google.com

 

Unityでさらっとゲームつくったよ

どーも、アカヒナです。

社畜ちゃんのモデルをお借りして、unityでゲーム作ってみました。

 

ただ、このゲームで社畜ちゃんを入れる必要性があったのかは、僕自身、疑問に思ってます。だって、ボールを操作するゲームだもの。。

ころころ。

 

 【追記】

操作は、矢印の上下左右のみを使用します。

社畜ちゃんは消しました。

 

Unity WebGL Player | rolling

 

【追記2】

Github追加しました。

Unity Game(rolling) · GitHub

第88回アカデミー賞結果発表

どーも、アカヒナです。

第88回アカデミー賞の各部門受賞作が出そろいました。

作品賞、監督賞は逃しましたが、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は最多6部門受賞となりました!!

V6!!V6!!V6!!V6!!V6!!V6!!V6!!V6!!V6!!V6!!

興奮が覚めませんが、昨日僕の予想がどれだけ的中したかを紹介します。

【僕の予想 (※○が的中)】

作品賞 『スポットライト 世紀のスクープ』○

監督賞 ジョージ・ミラー『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

主演男優賞 レオナルド・ディカプリオ 『レヴェナント 蘇えりし者』○

主演女優賞 ケイト・ブランシェット『キャロル』
助演男優賞 シルベスター・スタローンクリード チャンプを継ぐ男』

助演女優賞 ケイト・ウィンスレットスティーブ・ジョブズ
美術賞『マッドマックス 怒りのデス・ロード』○
視覚効果賞『スターウォーズ フォースの覚醒』
脚色賞『オデッセイ』
脚本賞『インサイド・ヘッド』

短編ドキュメンタリー賞『Chau,beyond the Lines』
長編ドキュメンタリー賞『ルック・オブ・サイレンス』
衣装デザイン賞『マッドマックス 怒りのデス・ロード』○
撮影賞『レヴェナント 蘇えりし者』○

メイクアップ&ヘアスタイリング賞『マッドマックス 怒りのデス・ロード』○
録音賞『レヴェナント 蘇えりし者』
音響編集賞『マッドマックス 怒りのデス・ロード』○
外国語映画賞『サウルの息子』○
編集賞『スポットライト 世紀のスクープ』

短編実写映画賞『Day One』
短編アニメーション賞『Prologue』
長編アニメーション賞『インサイド・ヘッド』○
主題歌賞 "WRITING'S ON THE WALL"『007 スペクター』 ○
作曲賞『キャロル』

 

 

【実際の結果】

作品賞:「スポットライト 世紀のスクープ」
主演女優賞:ブリー・ラーソン「ルーム」
監督賞:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ「レヴェナント 蘇えりし者」
主題歌賞:Writing's On The Wall(サム・スミス)「007 スペクター」
作曲賞:エンニオ・モリコーネ「ヘイトフル・エイト」
外国語映画賞:「サウルの息子」(ハンガリー)
短編実写映画賞:「Stutterer」
長編ドキュメンタリー賞:「エイミー(AMY)」
短編ドキュメンタリー賞:「A Girl in the River: The Price of Forgiveness」
助演男優賞:マーク・ライランス「ブリッジ・オブ・スパイ」
長編アニメーション賞:「インサイド・ヘッド」
短編アニメーション賞:「Historia De Un Oso」
視覚効果賞:「エクスマキナ(Ex Machina)」
録音賞:「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
音響編集賞:「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
編集賞:マーガレット・シクセル「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
撮影賞:エマニュエル・ルベツキ「レヴェナント 蘇えりし者」
メイクアップ&ヘアスタイリング賞:「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
美術賞:「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
衣装デザイン賞:ジェニー・ビーバン「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
助演女優賞:アリシア・ヴィキャンデル「リリーのすべて」
脚色賞:チャールズ・ランドルフ、アダム・マッケイ「マネー・ショート 華麗なる大逆転」
脚本賞:ジョシュ・シンガー、トム・マッカーシー「スポットライト 世紀のスクープ」

 

 

全24部門中10部門でした。的中率41.7%

来年は50%超えるようにしたいですね。

 

まぁ、それよりも、レオが主演男優賞取れたり、マッドマックス怒りのデス・ロードが最多受賞だったり、サウルの息子が外国語映画賞取ったり、なかなか面白い展開でした。これをきっかけにして、ドラマ性重視だったアカデミー賞にアクション性の高い作品が存在感を出すことでより多様性が担保できるといいかな。

来年も楽しみです。

 

ではでは。

 

 

 

第88回アカデミー賞を予想してみました。

日本時間 2016年2月29日朝9時よりWOWOWにて生放送される、アカデミー賞

映画界で一番盛り上がる、年に一度のイベントなので、楽しみにしてます。

Twitterの皆さんも、いろいろ予想してるみたいなので、僕も予想してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言った感じです。

未見のやつも結構あるので、当てずっぽうも多数含まれてます。

個人的には作品賞を『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に取って欲しいなぁと願っております。

 

明日は、テンションあげあげで一日過ごせそうです!楽しみだ!!

 

ではでは。

 

 

 

 

バレンタインデーなので、社畜ちゃんからチョコもらいました。

どーも、アカヒナです。

バレンタインデーに一つもチョコをもらうことはできませんでした。

まぁ、今年は日曜日だったし、悪い夢でも見てるに違いない。こんなの現実なわけがない。そうだ、これは夢なんだ..... 

 

f:id:runner17:20160216214907j:plain

・・・一条っ!!!なんてことを!!!

こいつのせいで、チョコが溶ける前に、現実を目の当たりにした僕が溶けてしまいそうなので、チョコくれる人が居ないなら、つくればええんや!!

 

ということで、つくってみました。

 

 

どうです?すごいでしょ?(ドヤァ

これで、もう怖いもん無しや!ぐへへ。。。。

 

こんな感じでこれからも、妄想を具現化していく所存です。

 

アカヒナ先生の次回作にご期待ください。

 

ではでは。