読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unknown Unknown

エンタメ系ゆるふわブログ。インターネットの隅っこに座ってます。

2016年上半期映画ベスト10

どーも、アカヒナです。

今年も半分過ぎましたので、2016年上半期映画トップ10を発表したいと思います。

 

 

10位『ちはやふる 上の句

ハイスピードカメラを使った「動」の表現が秀逸。

競技かるたはスポーツ。

 

9位『エクスマキナ

第88回アカデミー賞視覚効果賞受賞作品だけあって、VFXがすごい。

これが一つの未来のあり方なのかなという感じしました。

 

8位『マジカル・ガール

魔法少女のコスチュームを中心に巻き起こる群像劇。スペイン映画。これはハリウッドには出来ない。

 

7位『ボーダーライン

なにかと洋画の邦題というのは、頓珍漢なものが多い中、これは映画の本質を突いたいい邦題。このタイトルには、国の境目と善悪の境目という意味が含まれていると感じました。演者の緊張感溢れる演技が見物。

 

6位『シチズンフォー スノーデンの暴露

映画のような本当のはなし。スノーデンに密着したドキュメンタリー。

現実でこんなことが起こっているのかと思うと恐ろしい。

 

5位『スティーブ・ジョブズ

3つの主要な製品発表会の数十分前をそれぞれ描いた映画。自伝的映画ではない。

言葉のやり取りがスポーツのように躍動感があり面白かった。

 

4位『it follows

これまでなかった新感覚ホラー。ありがちな幽霊ではなく、じわじわと迫ってくる「何か」が妙にリアル。志村、うしろ!うしろ!

 

3位『オデッセイ

絶望的な状況になってもユーモアを忘れず、冷静にその時やれることを淡々とやっていくことの重要性を教えてくれる。この手の映画にありがちな愛とか絆とか情緒的なお話ではなく、もっと科学的なお話です。前向き。

www.youtube.com

 

2位『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

意見の対立。正義とは何なのか。「外」からの脅威だけではなく、「内」からの脅威にも苦悩する今のアメリカを象徴する映画。

www.youtube.com

 

1位『ズートピア

ディズニーにありがちな「諦めてなければ夢が叶う」物語ではなく、叶えた先にも続きがあり、そこで自分が知らず知らずのうちに人を傷つけてしまうこともあることを教えてくれる。これもある意味今のアメリカを象徴する映画。新しいディズニーを感じた。

www.youtube.com

といった感じです。

 

今年は、映画業界的にディズニーイヤーになりそうな予感がしております。

下半期僕が死ぬほど期待している作品は『ジェイソン・ボーン』です。孤高に戦うマット・デイモン×ポール・グリーングラス監督に期待しかない。ガチ期待です。

 

 

www.youtube.com

 

 ではでは。